あとりのやっぱり○○が好き❤

あとりです♥ファッション、おしゃれがすき❤茶トラの元保護猫を飼っています。京都在住で、京都観光や御朱印集め、美術館巡りにはまっています❤

【京都】高雄、『高山寺』に行ってきました。京都観光 京都紅葉 そうだ京都行こう

こんにちは、あとりです❤

 

京都、高雄、『高山寺』に行ってきました。(21年11月17日)

 


f:id:atoriatoriatori:20211124200412j:image

 

 

前回からの続きです。

こちらは国宝、「石水院」について主に書いています。

よかったら見てください⤵️



 

 


f:id:atoriatoriatori:20211123212059j:image

 

【開山堂】

 

明恵上人(みょうえしょうにん)坐像が安置されています。

 


f:id:atoriatoriatori:20211123212340j:image

聖観音像】

 

 


f:id:atoriatoriatori:20211123212817j:image

明恵上人御廟】

 

御廟内は立ち入り禁止となっていて、建物の近くには行けませんでした。

 

 


f:id:atoriatoriatori:20211123212809j:image

 


f:id:atoriatoriatori:20211123213103j:image

【仏足石】

 

 


f:id:atoriatoriatori:20211124182644j:image

 


f:id:atoriatoriatori:20211124182658j:image

 


f:id:atoriatoriatori:20211124181647j:image

【金堂】

 

御本尊は釈迦如来像です。

 


f:id:atoriatoriatori:20211123213131j:image

【春日明神社】

 

金堂向かって右側にありました。

 

 


f:id:atoriatoriatori:20211124182621j:image

 


f:id:atoriatoriatori:20211124182216j:image

 


f:id:atoriatoriatori:20211124182225j:image

 

 

石組の間をのぞいて見ると、水がありました。

この井戸と、宝塔は金堂の裏側にありました。

 

 

 


f:id:atoriatoriatori:20211124182811j:image

 


f:id:atoriatoriatori:20211124192020j:image

 


f:id:atoriatoriatori:20211124192027j:image

【茶園】

 

明恵上人は 栄西(ようさい)禅師から、宋より持ち帰った茶の種を贈られ、栂尾(とがのお)の地で栽培を始めました。

宇治茶は栂尾の苗木を移植して栽培され、その後日本各地へと広まりました。

高山寺』は、「茶の発祥の地」とされ、日本最古の茶園といわれています。

 

 


f:id:atoriatoriatori:20211124192914j:image

【茶室・遺香庵(いこうあん)】

 

遺香庵は通常非公開のため遠くからしか見られませんでした。

 

昭和6年(1931年)、明恵上人700年遠忌を記念して完成した茶室「遺香庵」です。

 

 


f:id:atoriatoriatori:20211124195940j:image

 


f:id:atoriatoriatori:20211124195948j:image

 


f:id:atoriatoriatori:20211124200250j:image

 


f:id:atoriatoriatori:20211124200258j:image

 

 

 

SNSで仲良くしていただいている方に『高山寺』など高雄に行った写真を見せてもらってから、ずっと高雄に行ってみたいと思っていました。

今回高雄が紅葉の見ごろをむかえていたため、行ってみました。

 

高雄は山の中にあり、交通が不便で行きにくいと勝手に思い込んでいましたが、実際に行ってみると簡単に行けました。

阪急の西院駅の前のバス停からバスに乗ると約40分かかりましたが、乗り換えなしで行けました。JR京都駅からもバスが出ているそうです。

山道でもバスは特に激しく揺れることなく、快適でした。

こんなに簡単なら、また青もみじの季節に行きたいなぁと思っています。

 

今回『高山寺』自体はじめて行きました。(この次に行った「神護寺」には昔行ったことがありました。)

特に「石水院」が素晴らしかったぁ♥

複製でしたが国宝の「鳥獣人物戯画」も見れたし、(まわりにたくさん人はいましたが)山寺の静けさを感じるような「石水院」の写真も撮れました❤

この写真が撮りたくて行ったので、大満足です。

「石水院」の縁側に座って紅葉を眺めている、修学旅行らしき制服の女の子達も、ほっこりでした。

 

また、青もみじの季節にぜひ行きたいと思っています。

 

 

ではこの辺で❣️

最後までお読みいただきましてありがとうございます❤

お気軽にコメントや、ブックマーク、にほんブログ村に応援ポチッとしていただけるとうれしいです。あとり

 

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
にほんブログ村

#京都 #京都観光 #観光 #京都旅行 #旅行 #国内旅行 #京都散歩 #お出かけ #京都お出かけ #そうだ京都いこう #そうだ京都行こう #ローカルガイド #京都ガイド #京都観光ガイド #御朱印 #御朱印集め #御朱印めぐり #社寺めぐり #神社仏閣めぐり #Kyoto 

 

 

【京都】【御朱印】高雄、『高山寺』に行ってきました。 京都観光 そうだ京都行こう 女子旅

こんにちは、あとりです❤

 

京都、高雄、『高山寺』に行ってきました。(21年11月17日)

 


f:id:atoriatoriatori:20211123182531j:image

 

 



f:id:atoriatoriatori:20211122171746j:image

 

高山寺(こうさんじ)』はバス停栂ノ尾(とがのお)から徒歩すぐでした。

今回私は阪急西院からバスに乗り、約40分で到着しました。

 

 


f:id:atoriatoriatori:20211122183717j:image

 

バス停から登って行きます。

 

紅葉した風景が迎えてくれました。

紅葉の時期は入山料500円が必要です。

 


f:id:atoriatoriatori:20211122193721j:image

 

高山寺』は奈良時代末の宝亀5年(774年)に、光仁天皇の勅願によって創建されました。

鎌倉時代はじめの建永元年(1206年)に、明恵上人(みょうえしょうにん)が後鳥羽上皇からこの地を与えられ、再興し、『高山寺』と称しました。

 

 


f:id:atoriatoriatori:20211122194617j:image

 


f:id:atoriatoriatori:20211122194623j:image

(【石水院】門)

 

 


f:id:atoriatoriatori:20211122194738j:image

 

 


f:id:atoriatoriatori:20211122210304j:image

 


f:id:atoriatoriatori:20211122210320j:image

 

 


f:id:atoriatoriatori:20211123093809j:image

【書院】

 


f:id:atoriatoriatori:20211122210336j:image

(【石水院】入口)

 

建物(書院)を入ってすぐの左側に受付があります。

『石水院』拝観料800円でした。

また、こちらで御朱印がいただけました。

 


f:id:atoriatoriatori:20211123213335j:image

 

御朱印です。

 

 


f:id:atoriatoriatori:20211123094447j:image

 


f:id:atoriatoriatori:20211123094455j:image

 

この渡り廊下を歩きます。

手すりなどなく、幅は狭く、板と板の間から下の地面や池が見えました。

まわりの人はけっこう怖がっていました、私は全然怖くありませ〜ん🤣🤣

 


f:id:atoriatoriatori:20211123094831j:image

(渡り廊下から見た景色)

 


f:id:atoriatoriatori:20211123094854j:image

 


f:id:atoriatoriatori:20211123094909j:image

 

 


f:id:atoriatoriatori:20211123111446j:image

【石水院(せきすきいん)(国宝)】

 

明恵上人時代(鎌倉時代)の唯一の遺構であり、上人が後鳥羽上皇より学問所として賜った建物とされています。

 

明恵上人が敬愛した、小さな善財童子像を安置しています。

 

 


f:id:atoriatoriatori:20211123182227j:image

 


f:id:atoriatoriatori:20211123182244j:image

 

 

今回紅葉した「石水院」のこの風景が見たくて行ってきました。

高山寺』の「石水院」は人気の場所のため、今回早めに、9時すぎに到着するように行きました。

やっぱり紅葉の見頃の時期だったので、修学旅行らしき団体や、ツアー団体の人達をたくさん見かけました。

 

でも、平日で朝一だったため、人のいない写真が撮れて大満足❣️です。

よかったぁ❤❤

 

 

 


f:id:atoriatoriatori:20211124174109j:image

 

 


f:id:atoriatoriatori:20211123194805j:image

 


f:id:atoriatoriatori:20211123194813j:image

 


f:id:atoriatoriatori:20211123194821j:image

 


f:id:atoriatoriatori:20211123194827j:image

鳥獣人物戯画(国宝)】

 

「石水院」には動物を擬人化した「鳥獣人物戯画」の複製が展示してあります。

 

高山寺』には国宝8点、重要を含む約1万点あまりもの寺宝があります。

 


f:id:atoriatoriatori:20211123194835j:image

【子犬(重要文化財)】

 

子犬もカエルもうさぎもかわいい❤

 

 


f:id:atoriatoriatori:20211123182259j:image

 

「石水院」では縁側に座って、紅葉をじっくり拝観しました。

 

 

 

では次回に続きます。

最後までお読みいただきましてありがとうございます❤

お気軽にコメントや、ブックマーク、にほんブログ村に応援ポチッとしていただけるとうれしいです。あとり

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
にほんブログ村

#京都 #京都観光 #観光 #京都旅行 #旅行 #国内旅行 #京都散歩 #お出かけ #京都お出かけ #そうだ京都いこう #そうだ京都行こう #ローカルガイド #京都ガイド #京都観光ガイド #御朱印 #御朱印集め #御朱印めぐり #社寺めぐり #神社仏閣めぐり #Kyoto 

【京都】【御朱印】東福寺塔頭『光明院』に行ってきました。 京都観光 そうだ京都行こう 女子旅

こんにちは、あとりです❤

 

京都、東福寺塔頭、『光明院』に行ってきました。(21年11月4日)

 


f:id:atoriatoriatori:20211122103301j:image

 

 


f:id:atoriatoriatori:20211119194019j:image

 

『光明院』はJR東福寺駅から徒歩約15分です。

 

 


f:id:atoriatoriatori:20211119193748j:image

 


f:id:atoriatoriatori:20211119193757j:image

 


f:id:atoriatoriatori:20211119193804j:image

【山門】

 

『光明院』は明徳2年(1391年)の創建です。

「虹の苔寺」とも呼ばれています。



f:id:atoriatoriatori:20211120183505j:image

 


f:id:atoriatoriatori:20211120203035j:image

 

紅葉と石組、白砂が美しい〜❤

 


f:id:atoriatoriatori:20211120203313j:image

 


f:id:atoriatoriatori:20211119215734j:image

 

山門を入ったところにある庭は、青石の三尊石組や鶴石などを配した、重森三玲(しげもりみれい)作庭の「雲嶺庭」です。

 


f:id:atoriatoriatori:20211120203329j:image

 


f:id:atoriatoriatori:20211119215741j:image

【摩利支尊天】

 

勝負の守護神「摩利支尊天」が鎮座しています。

 


f:id:atoriatoriatori:20211119215749j:image

(拝観入口)

 

こちらを入ったところに受付がありました。

写真撮影は出来ました。

 

 



f:id:atoriatoriatori:20211121100257j:image

 


f:id:atoriatoriatori:20211121100305j:image

 


f:id:atoriatoriatori:20211121211049j:image

 

奥に、山門を入ってすぐの「雲嶺庭」が見えます。

 


f:id:atoriatoriatori:20211121095957j:image

 


f:id:atoriatoriatori:20211121100005j:image

 


f:id:atoriatoriatori:20211121100011j:image

 

 

f:id:atoriatoriatori:20211116120056j:image

 

方丈前の枯山水庭園は、昭和14年(1939年)、重森三玲によって作られ、「波心庭」と呼ばれています。

大海を表す白砂(洲浜型の枯池)に、三ヶ所の山形の三尊石組を配し、そこから斜線状に立石が並んでいます。

寺号の「光明」にちなみに、仏を表す三尊石から光明が差す様子が表現されているといわれています。

背後に雲を表すサツキやツツジがきれいに刈り込まれ、雲の上に月を表す茶室「蘿月庵(らげつあん)」があります。

茶亭「蘿月庵」は、窓、壁、障子に月のモチーフが使われています。

 

 


f:id:atoriatoriatori:20211121170159j:image

 

「令和3年  京都非公開文化財特別公開」

21年10月30日~11月14日

拝観料 1000円

 


f:id:atoriatoriatori:20211121141150j:image

 

今回、写真真ん中の書院の2階が特別公開されました(通常非公開)。

書院2階から「波心庭」全体を眺めることが出来ました。

 

書院2階からは写真撮影禁止でした。

 


f:id:atoriatoriatori:20211121171420j:image

【書院】

 


f:id:atoriatoriatori:20211121171452j:image

 

書院横の高い場所に茶室がありました。(1番左の建物が書院、その右にある小さな建物が茶室です。)

 



f:id:atoriatoriatori:20211121211035j:image

 

茶室から撮影しました。

奥の建物が本堂です。

 

 


f:id:atoriatoriatori:20211121211316j:image

【本堂(方丈)】

 


f:id:atoriatoriatori:20211122104159j:image

 


f:id:atoriatoriatori:20211122104208j:image

 


f:id:atoriatoriatori:20211122104216j:image

 

御朱印をいただきました。

 

 

 

『光明院』の「波心庭」は、広く、広い敷地を大胆に使った庭園でした。

土地の高低差や奥行を上手く使っていて、広がりを感じるような庭園でした。

書院や本堂、茶室、渡り廊下など、見る場所によって表情を変え、見応えがありました。

 

私は山門前の小さなお庭(「雲嶺庭」)も好きです。

 


f:id:atoriatoriatori:20211122101430j:image

 

建物の中からも「雲嶺庭」が見えるのが、イキですよね〜❤

こちらの障子と景色を、皆さん撮影していました。

 

サツキとツツジの花が咲く季節など、また違う季節に行ってみたいと思っています。

 

 

ではこの辺で❣️

最後までお読みいただきましてありがとうございます❤

お気軽にコメントや、ブックマーク、にほんブログ村に応援ポチッとしていただけるとうれしいです。あとり

 

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
にほんブログ村

#京都 #京都観光 #観光 #京都旅行 #旅行 #国内旅行 #京都散歩 #お出かけ #京都お出かけ #そうだ京都いこう #そうだ京都行こう #ローカルガイド #京都ガイド #京都観光ガイド #御朱印 #御朱印集め #御朱印めぐり #社寺めぐり #神社仏閣めぐり #Kyoto

【京都】【御朱印】東福寺塔頭、『南明院』の特別公開に行ってきました。京都観光 そうだ京都行こう 女子旅

こんにちは、あとりです❤

 

京都、東福寺塔頭、『南明院』の特別公開に行ってきました。(21年11月4日)

 


f:id:atoriatoriatori:20211119102304j:image

 

 


f:id:atoriatoriatori:20211118112852j:image

 

『南明院』はJR東福寺駅から徒歩約15分です。

東福寺本山の1番南端にあります。

 

 


f:id:atoriatoriatori:20211118185812j:image

 


f:id:atoriatoriatori:20211118185820j:image

 

「令和3年度  京都非公開文化財特別公開」

21年10月30日~11月7日

拝観料1000円

通常非公開のお寺です。

 

 


f:id:atoriatoriatori:20211118190013j:image

 


f:id:atoriatoriatori:20211118190418j:image

 


f:id:atoriatoriatori:20211118190434j:image

 

受付から先は庭園を含めて、写真撮影禁止でした。

 

『南明院』は、応永21年(1414年)に創建に創建されました。

 

御本尊は「東福寺」法堂が鎌倉時代に再建された時に造立された釈迦如来像の化仏のうちの1つです。

明治時代の法堂火災の時に残り、『南明院』に移されたと伝わっています。焼損激しく両手が失われていましたが、現在は修理されています。

 

令和元年、枯山水庭「蒼穹庭」が本堂南に完成しました。

 

 


f:id:atoriatoriatori:20211119082637j:image

 


f:id:atoriatoriatori:20211119082644j:image

 


f:id:atoriatoriatori:20211119083013j:image

 


f:id:atoriatoriatori:20211119083020j:image

 

 

『南明院』の第二世は、画聖として著名な吉山明兆(きっさんみんちょう)禅師(兆殿司(ちょうでんす))です。

明兆は寺院専属の絵師として大成し、晩年までその筆をふるいました。「東福寺」には多くの作品が残っています。

 

『南明院』は明兆自画像を所蔵しています。

今回の特別公開で、修理修復後の明兆自画像を拝観することが出来ました。

 

 


f:id:atoriatoriatori:20211119092419j:image

 


f:id:atoriatoriatori:20211119092427j:image

【旭姫の墓】

 

豊臣秀吉の妹であり、徳川家康正室、旭姫(朝日姫、駿河御前)は『南明院』に埋葬されました。

その後徳川家の菩提寺として明治初年まで続きました。

 

旭姫のお墓は、本堂建物より一段高い墓地にありました。

 

今回、旭姫像(自画像)を拝観することも出来ました。

 

 


f:id:atoriatoriatori:20211119102201j:image

 


f:id:atoriatoriatori:20211119102209j:image

 


f:id:atoriatoriatori:20211119102216j:image

 

御朱印をいただきました。

 

 


f:id:atoriatoriatori:20211119095725j:image

 

 

 

『南明院』は通常非公開で、今回の特別公開も10月30日~11月7日までの短い期間のみ公開だったため、「絶対行きたい‼️」と思っていました。

 

本堂前の庭園は、令和元年に完成した枯山水庭園で、真っ白に輝く大粒の白砂の中に島がいくつかありました。

島に植えられた木々も勢いがあり、若々しい感じを受けました。

 

日本画の掛け軸を展示してあり、篆刻(てんこく、名前などのハンコ)をたくさん押してあったり、蝶に見立てたりして、遊んでいたのが面白かったです。

あと「しかられて」という題名の泣きべそをかいている小僧さんの絵の前に、割れた茶碗と、茶碗の中にお茶に見立てた苔が入っていたのがとてもイキで面白かったです❣️

 

 

ではこの辺で❣️

最後までお読みいただきましてありがとうございます❤

お気軽にコメントや、ブックマーク、にほんブログ村に応援ポチッとしていただけるとうれしいです。あとり

 

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
にほんブログ村

#京都 #京都観光 #観光 #京都旅行 #旅行 #国内旅行 #京都散歩 #お出かけ #京都お出かけ #そうだ京都いこう #そうだ京都行こう #ローカルガイド #京都ガイド #京都観光ガイド #御朱印 #御朱印集め #御朱印めぐり #社寺めぐり #神社仏閣めぐり #Kyoto 

 

 

【京都】【御朱印】東福寺塔頭、『正覚庵』の特別公開に行ってきました。 京都観光 そうだ京都行こう 女子旅

こんにちは、あとりです❤

 

京都、東福寺塔頭、『正覚庵』の特別公開に行ってきました。(21年11月4日)

 


f:id:atoriatoriatori:20211118095240j:image

 

 


f:id:atoriatoriatori:20211118081653j:image

 

『正覚庵(しょうがくあん)』はJR東福寺駅から徒歩約15分です。

 

 


f:id:atoriatoriatori:20211118082045j:image

 


f:id:atoriatoriatori:20211118082052j:image

 

「令和3年度  京都非公開文化財特別公開」

期間  21年10月30日~11月14日

拝観料  1000円

 

山門に受付があり、山門を入ると写真撮影禁止でした。

 

 


f:id:atoriatoriatori:20211118082548j:image

 

『正覚庵』は正応3年(1290年)、伊達政依(だてまさより)により東福寺南谷に創建され、開山は東福寺五世・山叟慧雲(さんそうえうん)によります。

伊達政依は鎌倉時代の武将で、政宗の祖となる奥州伊達家の四代の当主です。

 

 


f:id:atoriatoriatori:20211118090652j:image

【威徳堂】(木々の間にチラッと見える建物です。)

 

 

『正覚庵』本堂は綿花貿易で財を成した白州文平の兵庫県伊丹市内にあった白州屋敷の一部を移築したもので、大正の終わりころの建築物と伝えられています。

昭和四十年代に『正覚庵』に寄進されました。

平屋(本堂と屋敷)と茶室から成り、本堂には御本尊・釈迦如来像が安置されています。

 

 


f:id:atoriatoriatori:20211118090709j:image

 

『正覚庵』は筆供養で知られ「筆の寺」とも呼ばれています。

太平洋戦争後、境内の建物や樹木などが荒らされた時に、当時の住職・平住温州が制する文を墨で書き、張り紙をすると止んだため、毛筆の功徳を痛感しました。

昭和22年(1947年)から毎年11月23日に筆供養が行われています。

境内には書家や日本画家などの筆塚があります。

 


f:id:atoriatoriatori:20211118100652j:image

 

 

また、大正から昭和のはじめには俳人・川端茅舎が多くの俳句を読むなど文人墨客が集まる寺となりました。

 


f:id:atoriatoriatori:20211118100703j:image

 


f:id:atoriatoriatori:20211118100710j:image

 


f:id:atoriatoriatori:20211118100756j:image

 

御朱印をいただきました。

 


f:id:atoriatoriatori:20211118100719j:image

 

こちらは御朱印と一緒にいただいたシールです。

 

 

 

本堂など建物は白州屋敷を移築したものなので、華やかで、明るく豪勢な感じでした。

また、お庭も広く、山の斜面に境内があるため、見る場所によって庭の雰囲気が変わり楽しめました。

お庭に出て、歩いてまわることが出来ました。

お庭も苔が美しい、明るく開けた感じでした。

 

庭園入口の門や、玄関口などに飾られていた陶器の絵の達磨が可愛かったぁ❤

書院では近代的な襖絵を拝観できます。

私は高台の本堂にあったにわとりの絵と、廊下の千鳥柄の壁紙が好きです❤

茶室も落ち着いた感じで、ステキでした。

苔と青もみじの黄緑色がとても似合うお寺でした。

 

 

ではこの辺で❣️

最後までお読みいただきましてありがとうございます❤

お気軽にコメントや、ブックマーク、にほんブログ村に応援ポチッとしていただけるとうれしいです。あとり

 

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
にほんブログ村

#京都 #京都観光 #観光 #京都旅行 #旅行 #国内旅行 #京都散歩 #お出かけ #京都お出かけ #そうだ京都いこう #そうだ京都行こう #ローカルガイド #京都ガイド #京都観光ガイド #御朱印 #御朱印集め #御朱印めぐり #社寺めぐり #神社仏閣めぐり #Kyoto #女子旅

 

 

 

 

【京都】【御朱印】西陣『立本寺』に行ってきました。 京都観光 そうだ京都行こう 女子旅

こんにちは、あとりです❤

 

京都、西陣、『立本寺(りゅうほんじ)』に行ってきました。(21年11月2日)

 



f:id:atoriatoriatori:20211116134615j:image

 


f:id:atoriatoriatori:20211114121441j:image

 

『立本寺』はバス停七本松仁和寺街道から徒歩すぐです。

 

 


f:id:atoriatoriatori:20211114201527j:image

【山門】

 

山門からは入れませんでした。

入口は山門から北へ進んだところにありました。

 


f:id:atoriatoriatori:20211114201535j:image

社務所

 

社務所御朱印をいただきました。

 


f:id:atoriatoriatori:20211114210933j:image

 

御朱印です。

 


f:id:atoriatoriatori:20211114202335j:image

 


f:id:atoriatoriatori:20211114202343j:image

 

お茶とお菓子のおもてなしも受けました。

人懐っこい、かわいい猫ちゃんもいて撫でさせてもらい、ほっこり❤

 

『立本寺』がこの日の最後の観光地だったのですが、それまでの疲れが吹き飛びました❤

 


f:id:atoriatoriatori:20211114211218j:image

 


f:id:atoriatoriatori:20211114211622j:image

 

日蓮聖人降誕800年慶讃記念キャンペーン(五十七路(おとなじ)の旅)で、数量限定のプレミアムカードをいただきました❤

キラキラです⭐⭐

 

 



f:id:atoriatoriatori:20211114213447j:image

 


f:id:atoriatoriatori:20211114212812j:image

 


f:id:atoriatoriatori:20211114212819j:image

 


f:id:atoriatoriatori:20211114213502j:image

 


f:id:atoriatoriatori:20211114213509j:image

【本堂】

 

『立本寺』は日蓮宗の本山です。

日蓮の弟子で京都の布教に携わった日像が、元亨元年(1321年)に、道場として開いた妙顕寺をはじまりとしています。

応永23年(1416年)に、『立本寺』と号されました。

 

 


f:id:atoriatoriatori:20211115222653j:image

【本堂前井戸屋形】

 

 


f:id:atoriatoriatori:20211115222720j:image

 


f:id:atoriatoriatori:20211115222727j:image

 


f:id:atoriatoriatori:20211115222734j:image

【祖師堂】

 

祖師堂はリノベーションされ、誰でも泊まれる「立本寺宿坊四神閣」となっています。

 

拝観中は「なんか近代的な玄関だなぁ…?」って思っていたら宿坊でした。

 

 


f:id:atoriatoriatori:20211115223903j:image

 


f:id:atoriatoriatori:20211116102937j:image

 


f:id:atoriatoriatori:20211115223910j:image

【刹堂(せつどう)(鬼子母神堂)】

 

刹堂には日蓮宗の守護神である鬼子母神(きしもじん)と十羅刹女(じゅうらせつにょ)を安置しています。

鬼子母神は子どもの健やかな成長を願う守り神で、安産や子育てにご利益があります。

 

亡くなった母親が子どものために飴を買いに来ていたという「幽霊子育て飴」、「兜の御影」などいくつもの伝説があります。

 

 


f:id:atoriatoriatori:20211116102946j:image

 


f:id:atoriatoriatori:20211116102953j:image

【妙見堂】

 

 


f:id:atoriatoriatori:20211116103358j:image

【鐘楼】

 

鐘楼は、老人ホームの前にありました。

 

 


f:id:atoriatoriatori:20211116103411j:image

 

看板上の墓地へ行くと、石田三成に仕えた島左近(しまさこん)の墓があります。

(拝観中はお墓があることを知らなかったため、今回は行っていません。)

 

 

 


f:id:atoriatoriatori:20211116104452j:image

 


f:id:atoriatoriatori:20211116104500j:image

 

 

今回『立本寺』へは、はじめて行きました。

『立本寺』へ向かって歩いている途中でも、紅葉した立派な桜の木が遠くに見えて、「あそこに行くんだ。」とワクワクしました。

『立本寺』は桜の花の絶景スポットだそうで、今回は境内の建物に紅葉した桜の枝が重なり、秋らしい写真が撮れました。

また桜の花の時期に行ってみたいなぁと思っています。

 

『立本寺』塔頭の、御朱印で有名になった「教法院」は、今回境内の工事をしていたため行っていません。

またこちらも次回行ってみたいと思っています。

 

気持ちのこもったおもてなしをしていただき、またぜひ行きたいお寺となりました。

 

 

ではこの辺で❣️

最後までお読みいただきましてありがとうございます❤

お気軽にコメントや、ブックマーク、にほんブログ村に応援ポチッとしていただけるとうれしいです。あとり

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
にほんブログ村

#京都 #京都観光 #観光 #京都旅行 #旅行 #国内旅行 #京都散歩 #お出かけ #京都お出かけ #そうだ京都いこう #そうだ京都行こう #ローカルガイド #京都ガイド #京都観光ガイド #御朱印 #御朱印集め #御朱印めぐり #社寺めぐり #神社仏閣めぐり #Kyoto #五十七路

 

 

【京都】【御朱印】西陣、『大将軍八神社』に行ってきました。 京都観光 そうだ京都行こう 女子旅

こんにちは、あとりです❤

 

京都、西陣、『大将軍八神社』に行ってきました。(21年11月2日)

 


f:id:atoriatoriatori:20211115091615j:image

 

 


f:id:atoriatoriatori:20211113141016j:image

 

『大将軍八神社』はバス停北野天満宮前から徒歩すぐです。

北野天満宮」の南にあります。

 

 


f:id:atoriatoriatori:20211113141920j:image

 


f:id:atoriatoriatori:20211113141929j:image



f:id:atoriatoriatori:20211113141948j:image

 

『大将軍八神社』は延歴13年(794年)、平安京遷都の時に、桓武天皇の勅願によって、都の北西に国家守護、国民の繁栄を祈願して「大将軍堂」として創建されました。

 

 


f:id:atoriatoriatori:20211113161809j:image

【手水舎】

 

右上に注目〜‼️

立派な柑橘類がたわわに実っていました。

 

 


f:id:atoriatoriatori:20211113145811j:image

 


f:id:atoriatoriatori:20211113145824j:image

 


f:id:atoriatoriatori:20211113205357j:image

【御本殿】

 

「大将軍堂」の御祭神は大将軍神です。

大将軍神は陰陽道で祀られる方位を司る星神で、大将軍神の方位を犯すと厳しいとがめを受けるため、古来から恐れられてきました。

 

江戸時代に大将軍神をはじめ暦の吉凶を司る八神に、素戔嗚尊(すさのおのみこと)とその御子八神が習合し、その後『大将軍八神社』と改称されました。

方除け、厄除けの神として信仰されています。

 

 


f:id:atoriatoriatori:20211113162146j:image

 


f:id:atoriatoriatori:20211113162154j:image

 

 


f:id:atoriatoriatori:20211113162201j:image

オガタマノキ

 

 


f:id:atoriatoriatori:20211113162726j:image

 


f:id:atoriatoriatori:20211113162735j:image

【大杉大神】

 


f:id:atoriatoriatori:20211113162750j:image

 


f:id:atoriatoriatori:20211113162756j:image

【豆吉明神】

 

大杉大神と豆吉明神は並んで、御本殿の裏側にありました。

豆吉明神は小さなかわいらしい石が祀られていました。

 

 


f:id:atoriatoriatori:20211113224055j:image

 

 


f:id:atoriatoriatori:20211113183121j:image

 

「秋季特別公開」

11月1日~5日

 

春(5月1日~5日)と秋(11月1日~5日)に方徳殿が特別公開されます。

拝観料500円です。

 

 


f:id:atoriatoriatori:20211113185348j:image

【方徳殿(宝物庫)】

 

方徳殿は御本殿向かって右奥にありました。

方徳殿内は写真撮影禁止です。

 

方徳殿には80体の木像の大将軍神像群(重要文化財)が、北極星や北斗七星などの星曼荼羅(まんだら)の世界をイメージして安置されています。

 


f:id:atoriatoriatori:20211114091546j:image

(方徳殿の入口前にある、大将軍神像)

 

他にも、方徳殿には陰陽道阿部家などに関わる古天文暦道の資料や、天球儀、御神宝など保存展示されています。

 

 

今回、方徳殿の特別公開に合わせて行ってきました。

前回訪れた時に『大将軍八神社』の入口の鳥居から御本殿前まで、参道がひらけていて、明るく清々しい印象を受けました。

それなのになぜか、神秘的な雰囲気もあり、そこにやられて、「方徳殿の特別公開に絶対行きたい‼️」と思っていました。

 

今回方徳殿の特別公開にはじめて行きました。

立体曼荼羅は・・・ヤバイ‼️

平日だったため人も少なく、80体の木像の中に私1人・・・。

コの字に木像が並んでいて、木像が注目する中を歩いて行きます。正面に大将軍神が祀られています。

怒ったような、厳しい顔でにらみつけている木像たち、全ての木像の目がこちらを見ています。

横からも、斜めからも、正面からも見られています。

泣きました。

圧倒されて震えて、泣きました。

心の中まで見透かされているようで、理屈ではなく、「恥ずかしくないように生きなければ。」と思いました。

 

写真では絶対に味わえない、圧倒される不思議な体験でした。

方徳殿の特別公開はおすすめです‼️

出来れば1人で時間をかけて拝観していていただきたいです。

 

 


f:id:atoriatoriatori:20211113205409j:image

 

 


f:id:atoriatoriatori:20211115090339j:image

 


f:id:atoriatoriatori:20211115090346j:image

 

前回いただいた御朱印帳と御朱印です。

 

 

 

『大将軍八神社』おすすめです。

「スピリチュアルって何?」ってきかれたら、「大将軍八神社の方徳殿で立体曼荼羅を見ろ。」と言うでしょう。

恐くて涙が流れてしまうくらい、すごいパワーを感じました。

 

特別公開期間外でも、事前に問い合わせをすれば方徳殿を開けてくれるそうです。

ほんとに素晴らしい体験が出来ました。

 

 

 

ではこの辺で❣️

最後までお読みいただきましてありがとうございます❤

お気軽にコメントや、ブックマーク、にほんブログ村に応援ポチッとしていただけるとうれしいです。あとり

 

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
にほんブログ村

#京都 #京都観光 #観光 #京都旅行 #旅行 #国内旅行 #京都散歩 #お出かけ #京都お出かけ #そうだ京都いこう #そうだ京都行こう #ローカルガイド #京都ガイド #京都観光ガイド #御朱印 #御朱印集め #御朱印めぐり #社寺めぐり #神社仏閣めぐり #Kyoto