あとりのやっぱり○○が好き❤

あとりです♥ファッション、おしゃれがすき❤茶トラの元保護猫を飼っています。京都在住で、京都観光や御朱印集め、美術館巡りにはまっています❤

『約3000円コーデ』~24年7月3日のコーデ プチプラコーデ 大人かわいいコーデ

こんにちは、あとりです♥️

 

『約3000円コーデ』~24年7月3日のコーデ

 


f:id:atoriatoriatori:20240703180812j:image

 

パーソナルカラーはブルーベース(ブルベ、サマー)、骨格診断はナチュラルタイプ、身長164センチ。

好きなテーストは大人かわいい、フェミニン。

顔や体型など全体的に女性ぽいため、やりすぎにならないよう、フェミニンでもどこかスパイシーな遊びを加えるのが好きです。

 

 


f:id:atoriatoriatori:20240703180858j:image

【黒、トップス】

バーティハウスで購入

580円+税(特価価格)→464円+税(2割引きの日を利用)

 

オーバーサイズの黒トップス。

夏らしくて、カジュアル。

全体的に黒だけど、すそとそでが違う素材で切り替えされていて、よく見ると凝った作りになっています。

 

 


f:id:atoriatoriatori:20240703182525j:image

【ピンクベージュ細プリーツワイドパンツ】

『インデックス』

ワールドのアトリエセールで購入

4990円+税→2490円+税(50%off)

 

夏らしくカジュアルだけど、カジュアルになりすぎない感じが気に入って購入。

今の気分はワイドパンツ。

 

 

この日は、梅雨の晴れ間にお出かけです。

 


f:id:atoriatoriatori:20240703183239j:image

 


f:id:atoriatoriatori:20240703183943j:image

滋賀県草津市立水生植物公園みずの森

 

スイレンの花が満開でした❗

 

 

この日もプチプラ❗

約3000円コーデ❗

 

暑いと予報されていたので、コットンTシャツトップスとワイドパンツで涼しく。

梅雨が続いていて、雨と雨の間の晴れ間にお出かけできてよかった❗

気分転換出来ました。

 

 

ではこの辺で❣️

最後までお読みいただきましてありがとうございます❤

お気軽にコメントや、ブックマーク、にほんブログ村に応援ポチッとしていただけるとうれしいです。あとり

 

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ プチプラファッションへ
にほんブログ村

【京都】嵐山、『清凉寺(嵯峨釈迦堂)』に行ってきました。 紫式部 光る君へ

こんにちは、あとりです♥️

 

京都、嵐山、『清凉寺(嵯峨釈迦堂)』に行ってきました。(24年5月2日)

 


f:id:atoriatoriatori:20240702110639j:image



f:id:atoriatoriatori:20240701162551j:image

 

清凉寺』は、阪急嵐山駅から徒歩約20分です。

 


f:id:atoriatoriatori:20240701164533j:image



f:id:atoriatoriatori:20240701164901j:image
【仁王門】

 

清凉寺』は、源融(みなもとのとおる)の山荘・棲霞観(せいかかん)を棲霞寺としたのがはじまりです。

天慶(てんぎょう)8年(945年)、新堂を建立し、等身大の釈迦像を安置しました。

これが釈迦堂の名の由来です。

その後、奝然(ちょうねん)が宋から持ち帰った釈迦像を釈迦堂に祀り、寺名を『清凉寺』と改称しました。

 

美しい仁王門です❗

仁王門をくぐりました。

 

仁王門を入って右側です⤵️

 


f:id:atoriatoriatori:20240701205223j:image

 


f:id:atoriatoriatori:20240701205233j:image

愛宕権現社】

 


f:id:atoriatoriatori:20240701205449j:image

【石仏】

 

仁王門をくぐり左側です⤵️

 


f:id:atoriatoriatori:20240701182243j:image

法然上人二十四歳青年像】

 


f:id:atoriatoriatori:20240701182436j:image

茶所カフェ「ヴァガバァーン」】

 

「ヴァガバァーン」は、サンスクリット語で釈迦の敬称で、『清凉寺』のご本尊が釈迦如来であることから名付けられました。

茶所カフェ「ヴァガバァーン」は、2023年7月27日にオープンしました。

(今回は利用していません。)

 


f:id:atoriatoriatori:20240701204757j:image

 


f:id:atoriatoriatori:20240701204808j:image

聖徳太子殿】

 

青もみじの奥にありました。

 


f:id:atoriatoriatori:20240701204531j:image

【多宝塔】

 


f:id:atoriatoriatori:20240702091014j:image

 


f:id:atoriatoriatori:20240701204858j:image

源融公の墓】

 

前回、この「源融公の墓」を見落としてくやしい思いをしたので、今回拝観できてよかった❗

多宝塔の背後にありました。

 

源融は、源氏物語の主人公・光源氏のモデルの一人だといわれています。

24年の大河ドラマ「光る君へ」で、今年、『清凉寺』が注目されています。

 


f:id:atoriatoriatori:20240702104343j:image

嵯峨天皇(右)・檀林皇后(左)宝塔】

 


f:id:atoriatoriatori:20240702104641j:image

 


f:id:atoriatoriatori:20240702104635j:image

【開山・奝然上人の墓】

 


f:id:atoriatoriatori:20240702104244j:image

 


f:id:atoriatoriatori:20240702094317j:image

【鐘楼】



f:id:atoriatoriatori:20240702091339j:image
狂言堂】

 

鎌倉時代に円覚上人が庶民に教義を説くためにはじめたといわれる嵯峨大念仏狂言(国指定重要無形民俗文化財)が演じられます。

 


f:id:atoriatoriatori:20240702092043j:image

【西門】

 


f:id:atoriatoriatori:20240702094514j:image

 


f:id:atoriatoriatori:20240702095405j:image

 


f:id:atoriatoriatori:20240702095413j:image

 


f:id:atoriatoriatori:20240702095421j:image

 


f:id:atoriatoriatori:20240702094520j:image

薬師寺

 

平安時代初期の公卿の小野篁(たかむら)は、昼は朝廷に勤め、夜は地獄の閻魔さまに仕え、この世とあの世を行き来していたと伝えられています。

行き来は井戸が使われ、地獄へ行く時は「六道珍皇寺」の井戸(死の六道)から、還って来るときは、この地にあった「福正寺」(廃寺)の井戸(生の六道)が使われていたと伝えられています。

 


f:id:atoriatoriatori:20240702100912j:image

 

薬師寺前に「生の六道」の石碑がありました。

 


f:id:atoriatoriatori:20240702105051j:image

豊臣秀頼公の首塚

 


f:id:atoriatoriatori:20240702105531j:image

【八宗論池】

 


f:id:atoriatoriatori:20240702105630j:image

【仁王門】

 

仁王門を振り返っています。

 


f:id:atoriatoriatori:20240702105708j:image

 


f:id:atoriatoriatori:20240702105716j:image

 


f:id:atoriatoriatori:20240702105731j:image

 


f:id:atoriatoriatori:20240702105738j:image

 


f:id:atoriatoriatori:20240702110032j:image

一切経蔵】

 


f:id:atoriatoriatori:20240702105808j:image

【源昇公墓碑】

 


f:id:atoriatoriatori:20240702110040j:image

 

 

 

では次回に続きます❣️

最後までお読みいただきましてありがとうございます❤

お気軽にコメントや、ブックマーク、にほんブログ村に応援ポチッとしていただけるとうれしいです。あとり

 

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
にほんブログ村

【京都】『小野篁卿墓・紫式部墓所』に行ってきました。 光る君へ 

こんにちは、あとりです♥️

 

京都、『小野篁卿墓・紫式部墓所』に行ってきました。(24年4月14日)

 


f:id:atoriatoriatori:20240701135300j:image

 


f:id:atoriatoriatori:20240701092435j:image

 

小野篁(たかむら)卿墓・紫式部墓所』は、地下鉄鞍馬口駅から徒歩約14分です。

 


f:id:atoriatoriatori:20240701092551j:image

 


f:id:atoriatoriatori:20240701101639j:image


街中の大きな通り(鞍馬街道)に面した場所に出入口がありました。

出入口には「小野篁卿墓」、「紫式部墓所」の石碑が立っています。

「え?紫式部の墓がこんな街中にあるの?」ってびっくりしました。

 

この地に「雲林院」というお寺があり、紫式部はそこで生まれた、また、晩年を過ごしたという説があります。

現在の「雲林院」は、江戸時代に再興した、「大徳寺」の境外塔頭寺院です。

 


f:id:atoriatoriatori:20240701105754j:image

 


f:id:atoriatoriatori:20240701124307j:image

 



出入口から少し歩き、奥の行き止まりになった場所に、2つの墓が並んでありました。

 


f:id:atoriatoriatori:20240701105915j:image

 


f:id:atoriatoriatori:20240701105922j:image

 

向かって左が「紫式部墓所」、右が「小野篁卿墓」です。

紫式部墓所」の方が大きかったです。

 

小野篁は、平安時代の公卿で、百人一首にも登場する歌人でした。

昼は朝廷に勤め、夜は地獄の閻魔様に仕えていたといい、「六道珍皇寺」にある「冥土通いの井戸」と「黄泉通いの井戸」であの世とこの世を行き来していたという伝説があります。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

六道珍皇寺」について書いたブログです。

特別公開で、「冥土通いの井戸」なども拝観しました。

ご一緒にご覧ください⤵️

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

紫式部平安時代の、世界最古の長編小説「源氏物語」の作者です。

24年大河ドラマ「光る君へ」の主人公で、話題の人物です。

 

小野篁紫式部が生きていた時代は重なっていません。

この2人の墓がなぜ並んで建っているのか?

紫式部は色恋ものの物語を書き、人々の心を惑わせたため地獄におちたといわれていて、地獄におちた紫式部小野篁が助けたという伝説が残っています。

 


f:id:atoriatoriatori:20240701124158j:image

 

足の部分が細く、バランスの悪い、不思議なお地蔵様が祀られていました。

 


f:id:atoriatoriatori:20240701124213j:image

 


f:id:atoriatoriatori:20240701124220j:image

 

敷地にあった石碑です。

 

 

今年(24年)は紫式部が話題の人となっていて、紫式部ゆかりの場所をめぐっています。

小野篁卿墓・紫式部墓所』は、京都の観光名所としてはメジャーではないので、こういう機会がなければ、なかなか行かないところかも。

私も紫式部が特集されたガイドブックで知り、行ってきました。

紫式部ゆかりの場所で、それほど有名ではない場所を知り、めぐるのも楽しいですね。

また「雲林院」も訪れてみたいと思っています。

 

 

ではこの辺で❣️

最後までお読みいただきましてありがとうございます❤

お気軽にコメントや、ブックマーク、にほんブログ村に応援ポチッとしていただけるとうれしいです。あとり

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
にほんブログ村

【京都】『西院春日神社』に行ってきました。

 

こんにちは、あとりです♥️

 

京都、『西院春日神社』に行ってきました。(24年6月20日)

 


f:id:atoriatoriatori:20240630163748j:image

 


f:id:atoriatoriatori:20240629100747j:image

 

『西院春日神社』は、阪急西院駅から徒歩約5分です。

 


f:id:atoriatoriatori:20240629105758j:image

 


f:id:atoriatoriatori:20240629105804j:image

 

『西院春日神社』は、平安時代の初期、天長10年(833年)に、淳和天皇皇位を譲り淳和院に移った時に、奈良の春日大社から分霊を移し守護神としたのがはじまりです。

 


f:id:atoriatoriatori:20240630091336j:image

 

参道を進んで行きます。

 


f:id:atoriatoriatori:20240630091443j:image

【手水舎】

 


f:id:atoriatoriatori:20240630091416j:image

 


f:id:atoriatoriatori:20240630093600j:image

【願蛙】

 

手水舎の横に願蛙がありました。

水をかけて願い事をします。

私も手水鉢の水をひしゃくで汲んで蛙にかけ、願い事をしてみました。

 

私が『西院春日神社』の境内にいる間、2人組の若い女性がポツポツと何組が訪れていました。その方達も蛙に水をかけて願い事をしていました。

 


f:id:atoriatoriatori:20240630094035j:image

【境内図】

 


f:id:atoriatoriatori:20240630105532j:image

 


f:id:atoriatoriatori:20240630105505j:image

【淳和院礎石】

 


f:id:atoriatoriatori:20240630093649j:image

 


f:id:atoriatoriatori:20240630093656j:image

社務所

 


f:id:atoriatoriatori:20240630094054j:image

【藤】

 


f:id:atoriatoriatori:20240630094102j:image

【拝殿】

 


f:id:atoriatoriatori:20240630094323j:image

【若宮社】

 


f:id:atoriatoriatori:20240630105657j:image

【ご本殿】

 

ご祭神は、建御賀豆智命(たけみかつちのみこと)、伊波比主命(いはひぬしのみこと)、天智児屋根命(あめのこやねのみこと)、比売神(ひめかみ)です。

 

平安時代淳和天皇の皇女・崇子(たかこ)内親王が疱瘡(ほうそう、天然痘)にかかった時に、神前の石に祈願したところ、この石が身代わりとなり疱瘡のおできができ、一夜で内親王の疱瘡は治りました。

それ以降、病気平癒、災難厄除の霊石「疱瘡石」と崇められ、信仰を集めました。

また、都に疫病が流行る前に必ずこの石の表面が濡れたと伝えられています。

「疱瘡石」は毎月1日、11日(ご縁日)、15日に限り本殿内で一般公開されています。

 

ご祭神・建御賀豆智命(たけみかつちのみこと)が、鹿島から鹿に乗ってつつがなく春日にお移りになったといういわれから、「交通安全」「旅行安全」のご利益があります。

 


f:id:atoriatoriatori:20240630123806j:image

【お百度石】

 

ご本殿前にあったお百度石です。

 


f:id:atoriatoriatori:20240630142420j:image

 


f:id:atoriatoriatori:20240630124143j:image

仁孝天皇御胞衣(おえな)塚】

 

安産、子授け、母体の健康、子どもの健やかな成長を願い、御胞衣塚に白石・子安石を奉納します。

 


f:id:atoriatoriatori:20240630124151j:image

【稲荷社、弁財天社】

 


f:id:atoriatoriatori:20240630124157j:image

【西院宮、住吉社】

 


f:id:atoriatoriatori:20240630133610j:image

 

ご本殿向かって左奥にありました。

御神木でしょうか?

木の皮が祀られていました。

 


f:id:atoriatoriatori:20240630141113j:image

【梛(なぎ)石】

 

旅行者がこの石をなで、旅の無事を祈願しました。

また、健康回復を願い石をなで、身体の悪い場所をなでるとよくなるといわれ、「撫石」とも呼ばれています。

 


f:id:atoriatoriatori:20240630141523j:image

【還来(もどろき)神社】

 

旅行安全、還来成就の神様です。

 


f:id:atoriatoriatori:20240630141055j:image

 


f:id:atoriatoriatori:20240630141842j:image

 


f:id:atoriatoriatori:20240630142123j:image

 


f:id:atoriatoriatori:20240630141850j:image

 


f:id:atoriatoriatori:20240630142130j:image

 


f:id:atoriatoriatori:20240630142137j:image

 

 

 

前回20年3月19日に訪れて、約4年、久しぶりに『西院春日神社』に行ってきました。

このブログを書くにあたり、前回のブログを読み返してみてびっくり。

ほぼ、ご本殿しか拝観していない🤣🤣

撫石も還来神社も、見落としていました🤣🤣

20年3月は、私が「寺社めぐり」に興味を持ちはじめたころで、ブログもまだ書き慣れていなかったからかも…。

でも、あまりにもひどすぎて、びっくりしました。

 

今回も通常非公開の疱瘡石は拝観できなかったので公開日を狙って行ってみたいと思っています。

また、次回は「西院野々宮神社(御旅所)」、「山ノ内猿田彦神社」もめぐってみたいと思っています。

「西院野々宮神社」、「山ノ内猿田彦神社」共に御朱印は『西院春日神社』でいただけるそうです。

 


f:id:atoriatoriatori:20240630163130j:image

 

拝観する度に、ブログを書く度に、新しい発見があって面白いなぁ。

 

 

ではこの辺で❣️

最後までお読みいただきましてありがとうございます❤

お気軽にコメントや、ブックマーク、にほんブログ村に応援ポチッとしていただけるとうれしいです。あとり

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
にほんブログ村

『クローゼット記録』 

こんにちは、あとりです♥️

 

『クローゼット記録』

 


f:id:atoriatoriatori:20240629084336j:image

【白シャツ、黒ししゅうつき】

2990円+税→790円+税(値下げ価格)→0円(職場で不良品をもらってきた。)

 

職場がファッション関係のお店で、お店で汚れたりしてしまった不良品の商品をもらえることがあります。

もちろん欲しい商品ばかりではないのですが🤣🤣

 

 

 

白シャツに、黒の花のししゅうつき。

長袖で、素材がポリエステルなので、京都の蒸し暑い夏には着れず、秋冬に着たいと思っています。

スカートにあわせてウエストインして着たいなぁ。

 

 

 

ではこの辺で❣️

最後までお読みいただきましてありがとうございます❤

お気軽にコメントや、ブックマーク、にほんブログ村に応援ポチッとしていただけるとうれしいです。あとり

 

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ プチプラファッションへ
にほんブログ村

【京都】『福王子神社』に行ってきました。

こんにちは、あとりです♥️

 

京都、『福王子神社』に行ってきました。(24年6月20日)

 


f:id:atoriatoriatori:20240628135745j:image

 


f:id:atoriatoriatori:20240628084421j:image

 

福王子神社』は、バス停福王子から徒歩すぐです。

私は「仁和寺」から歩きました。

 


f:id:atoriatoriatori:20240628103332j:image

仁和寺三門】

 


f:id:atoriatoriatori:20240628084704j:image

 


f:id:atoriatoriatori:20240628084710j:image

 


f:id:atoriatoriatori:20240628103033j:image

 

福王子神社』のご祭神は光孝天皇の女御で、宇多天皇の生母の班子女王(はんしじょおう)です。

宇多天皇が創建した「仁和寺」の鎮守社であり、近隣の氏神です。

 


f:id:atoriatoriatori:20240628094139j:image

 


f:id:atoriatoriatori:20240628102439j:image

【拝殿】

 

拝殿の天井が一段高くなっていました。

 


f:id:atoriatoriatori:20240628094147j:image

 

寛永年間(1624~44年)に造営されたご本殿、拝殿、石鳥居は重要文化財に指定されています。

 


f:id:atoriatoriatori:20240628094201j:image

【ご本殿】

 


f:id:atoriatoriatori:20240628094214j:image

【天荒神社】

 


f:id:atoriatoriatori:20240628102508j:image

 

荒神社をのぞいて見ると、さざれ石がありました。

 


f:id:atoriatoriatori:20240628094221j:image

 


f:id:atoriatoriatori:20240628102847j:image

 


f:id:atoriatoriatori:20240628102854j:image

【手水舎】

 


f:id:atoriatoriatori:20240628103212j:image

 


f:id:atoriatoriatori:20240628103219j:image

 


f:id:atoriatoriatori:20240628094806j:image

 


f:id:atoriatoriatori:20240628094815j:image

福王子神社祭神班子皇后北一町の道標(左の石碑)】

 

 

福王子神社』はロマンチックな名前のため(🤣🤣)、以前から行ってみたいと思っていました。

仁和寺」には何度も行っているのに『福王子神社』ははじめて。

それほど大きくない神社でしたが、道路から一段高い場所にあり、街中の交差点前にあるのにゆっくり落ち着いて拝観出来ました。

このブログを書くにあたり調べてみると、社務所のインターホンを鳴らすと御朱印がいただけたそうですが、拝観中は気づかず御朱印はいただけませんでした。

また次回チャレンジですね。

 

 

ではこの辺で❣️

最後までお読みいただきましてありがとうございます❤

お気軽にコメントや、ブックマーク、にほんブログ村に応援ポチッとしていただけるとうれしいです。あとり

 

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
にほんブログ村

【京都】妙心寺塔頭、『東林院』に行ってきました。

こんにちは、あとりです♥️

 

京都、妙心寺塔頭、『東林院』に行ってきました。

 


f:id:atoriatoriatori:20240627164813j:image

 


f:id:atoriatoriatori:20240627082412j:image

 

『東林院』は、妙心寺塔頭寺院の一つで、妙心寺境内にあります。

バス停・妙心寺北門から行きました。

 


f:id:atoriatoriatori:20240627083905j:image

妙心寺北門】

 


f:id:atoriatoriatori:20240627083921j:image

 


f:id:atoriatoriatori:20240627083929j:image

 

山門前に拝観受付がありました。(写真右の建物)

 


f:id:atoriatoriatori:20240627142858j:image

 


f:id:atoriatoriatori:20240627084025j:image

 

沙羅の花を愛でる会

24年6月10日~23日

拝観料 1600円(抹茶、お菓子つき)

 

今回「沙羅の花を愛でる会」にあわせて行ってきました。

 

 

『東林院』は通常非公開です。

「小豆粥で初春を祝う会」1月15日~31日

「沙羅の花を愛でる会」6月中旬~下旬

「精進料理を体験する会」毎週火、金曜日(予約制)

「梵燈のあかりに親しむ会」10月中頃

「禅寺の精進ランチ」毎週土、日、祝日(予約制)

また、宿坊として宿泊できます。

 

今年、24年の今後の予定です⤵️

「梵燈のあかりに親しむ会」

24年10月11日~20日

午後6時~9時

拝観料 700円

お茶席 600円



f:id:atoriatoriatori:20240627142926j:image
【山門】

 

『東林院』は、享禄4年(1531年)、細川氏綱が父・高国の菩提寺として建立した三友院がはじまりです。

山名豊国が妙心寺に移し『東林院』と寺号を改めました。それ以降山名家の菩提寺となりました。

 

拝観受付をすませ、山門をくぐりました。

建物内も写真撮影できました。

 


f:id:atoriatoriatori:20240627100235j:image

 


f:id:atoriatoriatori:20240627100245j:image

 


f:id:atoriatoriatori:20240627100306j:image

 


f:id:atoriatoriatori:20240627100255j:image

 

玄関前の庭園にもクチナシや小さな白い花など咲いていました。

 


f:id:atoriatoriatori:20240627103638j:image

 


f:id:atoriatoriatori:20240627103645j:image

 

屋根の上に沙羅の花の瓦がありました⤵️

 


f:id:atoriatoriatori:20240627100321j:image

 


f:id:atoriatoriatori:20240627103757j:image

 


f:id:atoriatoriatori:20240627103805j:image

 


f:id:atoriatoriatori:20240627125642j:image

 


f:id:atoriatoriatori:20240627103813j:image

【拝観出入口】

 

建物の中に入りました。

 


f:id:atoriatoriatori:20240627104018j:image

 

沙羅の花をイメージした、特別に作られた和菓子と抹茶をいただきました。

 


f:id:atoriatoriatori:20240627125716j:image

 


f:id:atoriatoriatori:20240627125724j:image

 


f:id:atoriatoriatori:20240627125732j:image

 

お菓子でできています。

 


f:id:atoriatoriatori:20240627125755j:image

 


f:id:atoriatoriatori:20240627125804j:image



f:id:atoriatoriatori:20240627143333j:image

 


f:id:atoriatoriatori:20240627143353j:image

 


f:id:atoriatoriatori:20240627125825j:image

 



 


f:id:atoriatoriatori:20240627125853j:image

 


f:id:atoriatoriatori:20240627125900j:image

沙羅双樹の庭】

 

『東林院』は沙羅双樹の寺として有名です。

沙羅双樹は梅雨の時期に白い椿のような花を咲かせます。朝開花して、夕方は落花する一日花のため、はかないものの代名詞となっています。

 

平日の午前中でしたが、沙羅双樹の庭に面した縁側に人々がならんで座り、場所の順番待ちをするほど、多くの方が訪れていました。

住職さんのお話もお庭を眺めながらきくことが出来ました。

人生ははかないので、自分の人生の一瞬一瞬を楽しんで生きていかなくてはならないという内容でした。

でも…ここにいる人は人生楽しんでいる人達ですよね🤣🤣

 


f:id:atoriatoriatori:20240627152444j:image

 


f:id:atoriatoriatori:20240627152455j:image

 


f:id:atoriatoriatori:20240627152503j:image

 


f:id:atoriatoriatori:20240627153939j:image

 

建物の横にも沙羅の花が咲いていました。

こちらのほうが近くで沙羅の花が見れました。

 


f:id:atoriatoriatori:20240627153946j:image

 


f:id:atoriatoriatori:20240627160022j:image

御朱印をいただきました。

 

 

『東林院』は、行ってみたいと思っていたお寺で、沙羅双樹の花の時期に合わせて行ってきました。

きれいな和菓子をいただいたり、縁側に座ってお庭を眺めたり、住職さんのお話を聞いたり、充実した時間を過ごすことが出来ました。

以前見た沙羅双樹の庭の写真は、白い花がもっとたくさん苔の上に落ちていたように感じましたが、数年前の強風で沙羅双樹の木が折れてしまったそうです。

折れた枝からも芽が出て花が咲いたそうで、住職さんのお話をききながら沙羅双樹のお庭を眺めていると、「私ももっと頑張らなくては❗」と前向きな気持ちになりました。

 

また、「梵燈のあかりに親しむ会」にも行ってみたい、精進料理もいつか食べてみたいなと思っています。

 

 

ではこの辺で❣️

最後までお読みいただきましてありがとうございます❤

お気軽にコメントや、ブックマーク、にほんブログ村に応援ポチッとしていただけるとうれしいです。あとり

 

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
にほんブログ村